ご愛顧をいただき、2021年、12周年を迎えます。
従来のコンサルタントとは違う新たなスタイルで皆様のご要望にお応えいたします。
起業・業績向上・事業再建など、ご商売の支援をいたします。

商売繁盛のお手伝い!

 

 企業様、事業のご経営者様の利益向上のため、事業Dr.よろず屋は事業を診断し、「総合コンサルティング」「事業プロデュース」を行っています。

 

まずは「事業ドック」! 

 

合言葉は「事業の健康診断

健康診断+身体の詳細をチェックするために「人間ドック」を受診されると思います。
事業も同じように、普段の業務の中では気が付かない箇所を調べるため「事業ドック」を行っています。

事業を診断させていただき、事業に取って重要点をピックアップさせていただきます。
診断後、わかりやすく記載した「事業診断書」を作成させていただいた後、
実務が行われているの現場へ出向き、事業診断書と照らし合わせながら事業(ご商売)に沿った具体的なアドバイスをおこないます。また、ご要望に合わせ、わかりやすく、短期間・低コストで解消できる「事業戦略」を提案いたします。

各「士業」(弁護士・公認会計士・行政書士・労務士・キャリアコンサルタントなど)と提携しておりますので、許可申請などが必要な場合でもご対応させていただきますのでご安心ください。

※ 必要経費を抑え、ワンストップでご対応させていただくため「提携」といった形を取らさせていただいております。 

 事業ドックは、こんな方におすすめです!

・売上げに伸び悩んでいる
・なぜか利益が出ない
・集客を増強したい
・新規事業・新商品開発を行いたい
・とにかく何から手をつければ良いかわからない
・なぜ競合他社に勝てないかわからない
・インターネットの活用方法がわからない

                    などなど

 

事業診断後は・・・

事業診断書を基に、事業展開の「戦略」を組んでいただけるようになります。
ご自身で戦略を組むことに不安を感じる方は、「コンサルタント」会社へ依頼されます。

コンサルタント会社を選考する場合の注意点

 

「どこのコンサルタントも一緒!?」

「結局、どこのコンサルが良いの?」

 

実は、コンサルタント会社には「得手・不得手」な事柄があり、同じのようで同じではありません。
「〇〇コンサルタント」と明記している場合がわかりやすい例なのですが、得意分野の業種に特化している表現としてコンサルタントの前に言葉がついている場合が多いです。

「不得手」ではないのかもしれませんが、明記されている場合とご相談内容が不一致していない場合は、なるべくご相談されない方が良いと思います。

 

よく耳にする「経営コンサルタント」・「総合コンサルタント」の違いは?

 

経営」という大枠の括りで明記している場合が多く、実務よりも決算書などの数字に沿ったコンサルタントが多く見うけられます。
そのため
経営コンサルタント会社へ相談に行くものの、システマティックに相談を聞かれ、杓子定規な提案、アドバイスでピンとこなかったため結局依頼しなかった、といったことをよく耳にします。

では、「総合」コンサルタントとは・・・読んで字のごとく総合的に事業をとらえ、様々なご提案を提供できる集団と言われています。
10人十色とよく言いますが、同じ業種の企業様でも10社あれば10通りの経営方法あり、それぞれの解決方法が存在するため、総合的に理解、見極め、提案できなければなりません。

日々変化する「事業」を行っている企業様や事業主様で、コンサルタントに相談してもシステム的な方法でしっくりこない、問題を解決することができなかった、といったことが起こるのは、その相違点が不明瞭でご存じなかったからです。

弊社では、そのようなご迷惑をお掛けしないよう「総合」的にご相談内容に取り組むことができるため様々なご提案させていただいております。

「長期コンサルティングは費用がかさむのでを依頼する気は無いが、事業の戦略組などの単発依頼をしたい。」といったご意向でも、喜んでお受けさせていただいております。

「事業を立ち上げたい」「お店を持ちたい」等のご要望でご来社いただいく事業主様がいらっしゃいます。

実は、「起業」する際にコンサルタントに依頼する方が事業の成功につながりやすいです。
わからないことに時間や費用を費やすよりも解っている人にやってもらうのが早い、というとピンとこないかもしれませので、理屈っぽくご説明すると、「やりたい夢」を「プロに実現してもらう」方が時間や経費の無駄が少なくなります。
コンサルタントに費用をかけた方が「安上り」な場合が多くあるため、「起業」される時点でコンサルタントにご依頼されてほうがよいのです。


弊社は、事業のプロデュースを行っておりますので、起業に力添えさせていただくことが可能です。
当然、ご要望がございましたら、事業の安定化を図るため、起業後のコンサルティングもさせていただきます。

 

「経営」という「杓子」に囚われない

 

「指針」「理念」などはかなり重要なことですが、「理論」よりも「利益」が最も必要だから「コンサルタント」が必要とされていると考えているため、実務中心のコンサルスタイルを取らさせていただいています。

もちろん、「経営指針」や「経営理念」を作るお手伝いも致しておりますのでご安心ください。

 

コンサルタントで失敗しない為に

 

思いつきのワンマン経営や利益だけを追求していく経営スタイルが多く、目先のみを見ている経営になっていると感じています。
また、コンサルタント会社の言いなりになっていれば自然と売上げが上がっていくと楽観的な経営スタイルの方々も多いため、耳触りの良い「目先のみ」の経営を提案されのった結果、放漫経営のお手本のようになってしまった事業主様を多く見てきました。
あってはならないのですが、コンサルタント会社自身、自社の利益を優先としたスタイルが多く、担当者によっては、手間暇をかけないポイントで指示をするのみの方法を取り、事細かに業務の内容確認や実務を指導しない方も多いようで、担当者のスキル不足のせいにされ、企画が継続できずにあきらめてしまったといったことを耳にします。

当たり前のことですがコンサルタントは「顧客様の利益が最優先」でなくてはいけません。
弊社が事業ドクターと名乗っているいるのは、患者様と
真摯に向き合い完治するまで治療するお医者様と同じように、お客様のペースに合わせ事業の不調箇所を発見・改善案のご案内・施工といった手順でコンサルティングさせていただくスタイル取っているからで、「治っていただく」ことが最も重要なのです。

理屈が先行するようなコンサルタントではなく、「実務」に沿った「具体的」な「提案」ができるコンサルタントをお選びいただけると幸いです。

 

遠回りのような近道

 

事業ドックを受けている時間や費用がもったいない と思われる方が多いのですが、事業ドックを受ける利点として、まず第一に何処に手をつけるべきか、どのぐらいの時間と予算が必要なのかを明確にし、自分たちで改善できること、プロにまかせた方が良いところを判断することが可能になりますので結果、事業にとってのコストパフォーマンスは向上致します。

また、現在の商売では欠かせないインターネット戦略(ホームページの制作やSNSの活用法など)の診断、コンサルティングも行っておりますので合わせてご利用いただけると幸いです。

 

 

ぜひ一度「事業ドック」をご利用ください!

 

 

事業Dr.よろず屋

本社:愛知県豊田市森町1-92

TEL:0561-76-4064

mail:info@yorozuya.nagoya

お知らせ

会社概要

屋号 事業Dr.よろず屋
主要法人 萬屋コンサルティング 株式会社
関連法人 GS・ENTERPRISE株式会社
本社所在地 愛知県 豊田市森町1-92
電話番号 0561-76-4064
代表 井上貴善
資本金 300万円
URL https://yorozuya.nagoya
Mail info@yorozuya.nagoya
取引先金融機関 三菱東京UFJ銀行 滝子支店
十六銀行 名古屋駅前支店
中京銀行 豊田支店
豊田信用金庫 三好支店
設備・サービス 駐車場有
その他
建物名
道順
TOKYO OFFICE 〒143-0011
東京都大田区大森本町2-4-8
NAGOYA OFFICE 〒460-0007
愛知県名古屋市中区新栄1-6-15 流行発信ビル2F

お問い合わせ









トップへ戻る